『美女と野獣』をお気に召したならこちらのミュージカル映画はいかが?な3選

Beauty and the Beast Official Site

映画『美女と野獣』が、日本公開を待たずして、実写ミュージカル映画史上最高の興行収入を叩き出したそうです。

お立ち寄りくださった親愛なるみなさま、こんにちは、Emi(@holopopoJP)です。

いよいよ日本公開となった今日は、『美女と野獣』をお気に召した方にオススメのミュージカル映画 3作品をご紹介します。

オペラ座の怪人

これは、映画もさることながらミュージカルも大好き。
ロンドンでもブロードウェイでも劇団四季でも観ました。

この曲を聴くだけで、怪人の苦しみや、クリスティーヌへの歪んだ愛情が想起されて、胸が締めつけられます。

ちなみに映画で怪人を演じるジェラルド・バトラーは、怪人にしてはかっこよすぎると思う。
本当は、母親にも愛されなかった醜さなのに。
キュンとしちゃうからそれはそれでいいのだけど。うふふ。

作品情報はこちらをチェック。
オペラ座の怪人 (字幕版) – Joel Schumacher

Amazonプライムなら無料で観られます。

アニー

この映画は、とにかく音楽がかっこいい。

わたしのジェイミー・フォックス好きが止まらないからかもしれないけれど、それを抜きにしてもかっこいい。

この曲なんて最高オブ最高。

それに主人公アニーを演じるクワベンジャネ・ウォレスの表現力には心を奪われちゃう。
歌も演技も小気味よくて観ていて気持ちいいの。

この曲を歌うグッゲンハイム美術館のシーンが特に好き。

Annieオフィシャルサイト

わたしはこの作品が大好きすぎて、いつでも観られるようにiPhoneに入っているし、週1くらいの勢いでサントラ聴いています。

映画もサントラも元気が出る!

作品情報はこちらをチェック。
アニー(字幕版) – ウィル・グラック

メリー・ポピンズ

昔の作品なので映像が洗練されているわけではないけれど、ディズニー映画のエッセンスが詰まっているのでは。

童心に返れる楽しい作品。

ちいさいとき、「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」って練習したよね?

すっかり忘れていたけど、困ったときはこれをおまじないみたいに唱えて乗り切ればいいんだ!

作品情報はこちらをチェック。
メリー・ポピンズ (字幕版) – Robert Stevenson

Amazonプライム・ビデオには字幕版がないみたい。残念。

2018年には、エミリー・ブラント主演で『メリー・ポピンズ・リターンズ』が公開されるそうですよ。
(アメリカでの公開)

エミリー・ブラント主演「メリー・ポピンズ・リターンズ」、2018年クリスマス公開へ : 映画ニュース – 映画.com

[映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニーが企画している、1964年のミュージカル映画「 メリー・ポピンズ 」の約50年ぶりとなる新作続編のタイトルが「メリー・ポピンズ・リターンズ(原題)」に決定。あわせて、全米公開日が2018年12月25日のクリスマスに設定されたことが公式に発表された。 英作家パメラ・L・トラバースの児童小説を映画化した「 …

『美女と野獣』との共通点

『美女と野獣』と、紹介した3作品には共通点があります。
なんだかわかりますか?

それはね、純粋な人が偏屈な人の心を溶かしていくところ。

こういう作品がいつの世もヒットするのは、誰しもが自分の中の偏屈な心を溶かしてくれる誰かを待っているからかもしれませんね。

わたしの美女と野獣の感想はこちらから。

『美女と野獣(2017)』で頬がゆるみっぱなしです

それでは、今日という日がみなさまにとってすてきな1日でありますように。

かしこ。

Tags from the story
,
Written By
More from Emi

『写真家ソール・ライター展』神秘的なことは馴染み深い場所で起きる

渋谷のBunkamuraで開催されている、ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソール・ライター展に行ってきました。
Read More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *