オススメワイン: 山梨大学の甲州樽発酵

先日ガラス市に行ったとき、日本で作られたワインの試飲もやっていて、ワインにはワイングラスが欠かせないので、よいプロモーションだなあと思いました。

お立ち寄りくださった親愛なるみなさま、こんにちは、Emi(@holopopoJP)です。

three fishes vol. 1

そこで飲んだのが、「山梨大学 樽発酵甲州 2015」。

フジッコワイナリーが、山梨大学ワイン科学研究センターとの共同研究「甲州の樽発酵における成分変化とワインに及ぼす影響」を基に実用化したワインだそうです。

甲州とは、日本固有の白ぶどうの品種で、爽やかな酸味が特徴。

この日は、春なのに汗ばむくらい暑くなったので、思いきり冷やしてあったこの甲州の白ワインのすっきり感がぴったりでした。

でも、少し急いでいたから、今日は買わなくてもいいやと思って、その場を立ち去ろうとしたの。

それで、2、3歩歩き出したらね、口の中に樽発酵特有のバニラの香りが強烈に広がったの!

その余韻の長さにびっくりしてしまって。

白ワインの樽発酵といったらシャルドネなのだけど、その多くが酸味を和らげるためにマロラクティック発酵という作業を施していて、そうするとまろやかになってバターっぽい風味が出てくるのね。

そしてそれはわたしの好きなワインのひとつなのだけど。

でも、この樽発酵された白ワインはね、酸味がきりりと残っていて、でもバニラの香りもして、それがわたしにとっては新感覚で、一瞬で虜になってしまって、時間がなかったのに思わず引き返して、「やっぱり買います!」って言っちゃった。

売っている人(山梨大学の人だったらしい)も、「絶対損はさせません!」って自信を持ってオススメしてくれました。

今日おうちで飲んでみても、フレッシュな酸味とバニラの香りのバランスが絶妙で、思わずにやけちゃった。

5月の気持ちよい昼下がりにキンキンに冷やして、ピクニックとかテラスで飲んだりしたらおいしいだろうなあ。

もしどこかで見かけたら、即買いをオススメします!

2,000円でお手頃価格なのもうれしい。

せっかくワインエキスパートの資格をとったので、このブログでもワインの話ができたらいいなと思っていた矢先に、すてきなワインに出会えて、しかもそれが日本のワインで、幸先がよいなあ。

それでは、今日という日がみなさまにとってすてきな1日でありますように。

かしこ。

Written By
More from Emi

『発酵文化人類学』を読んで感じる世の中の愛しさ

甲州ワインに導かれるままにたどり着いた『発酵文化人類学』を読んだので、感想を書こうと思います。
Read More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *